無料ブログはココログ

« トンノ・ディ・コニッリオ | トップページ | サボ島沖海戦 »

2012年10月10日 (水)

クララ・シューマンとブラームスの恋

30604   クララとブラームスが出会ったのは、クララが34歳、ブラームスが20歳のときだった。引っ込み思案のブラームスだが、1853年のある日、尊敬するシューマンの家を訪問した。シューマンはこの青年の才能を高く賞賛した。しかし出会って翌年、シューマンは精神に異常をきたす。2年後に亡くなるまで、ブラームスは献身的にクララとその家族の生活を助けた。シューマンとの間に子供は8人いた(1人は1歳で間もなく死亡)。

   ブラームスは長い髪を肩までたらしたナイーブな青年。恩人の妻に対する尊敬の念がしだいに愛情へと変わっていった。2人の関係が生涯プラトニック・ラブであったのか、不倫であったのか、音楽史の最大の謎とまでいわれている。クララが亡くなって1年足らずして、1897年、ブラームスも後を追うようにして亡くなった。(Clara Schumann,Johannes Brahms)

« トンノ・ディ・コニッリオ | トップページ | サボ島沖海戦 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トンノ・ディ・コニッリオ | トップページ | サボ島沖海戦 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30