無料ブログはココログ

« 理容店の定休日、なぜ月曜が多い? | トップページ | 画家の妻 »

2012年10月 6日 (土)

棺桶リスト

10064138776   映画「最高の人生の見つけ方」(2007)。性格も境遇も正反対の2人が、余命6ヵ月と宣告され、偶然に同じ病室になる。自動車修理工のカーター(モーガン・フリーマン)は博覧強記のクイズマニア。エドワード・コール(ジャック・ニコルソン)は病院を経営する大金持ち。あるときカーターが落とした死ぬまでにしたいことを書いたメモ(棺桶リスト)をエドワードが拾って見る。2人は一緒に世界旅行をして、壮大な風景を見てまわる。だがエベレスだけは悪天候で登れなかった。いま2人の骨はエベレスの山頂に安置されている。余命宣告された人の物語は過去にも「死ぬまでにしたい10のこと」、黒澤明「生きる」などあり、世界に無数にあるだろう。ロブ・ライナーは暗くなりがちなテーマを、あっさりとヒューマン・コメディとして仕上げている。ベタな演出ではあるが、宗教色をなくして、ハリウッド的に陽気にしたのが成功の一因であろう。原題は「The Bucket List」。俗語で「kick the bucket」は「死ぬ」という意味がある。つまり「bucket list」は死ぬ前に書くリスト、「棺桶リスト」になる。(Jack Nicholson,Morgan Freeman)

« 理容店の定休日、なぜ月曜が多い? | トップページ | 画家の妻 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 理容店の定休日、なぜ月曜が多い? | トップページ | 画家の妻 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31