無料ブログはココログ

« ヴィガネッラ | トップページ | 砂漠に咲くヒマワリ »

2012年10月23日 (火)

木村貞行「絶命詩」

Mkimura   赤穂四十七士のひとり、木村岡右衛門貞行(1658-1703)は浪々のうちにも学問に熱心であり、文才をうたわれた。漢詩を作り、これを兜頭巾の裏につけて、吉良邸に攻め入り、奮戦した。討入りに際しての詩「野詩一絶を綴りて以て其志を述ぶ」が残っている。

身浮雲に寄す滄海の東

久しく恩義を愆世塵の中

花を看 月に対し無窮の恨み

散じて暁天草木の風と作らん

   (室鳩巣「赤穂義士録」)

« ヴィガネッラ | トップページ | 砂漠に咲くヒマワリ »

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴィガネッラ | トップページ | 砂漠に咲くヒマワリ »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31