無料ブログはココログ

« ファルタック岬とソコトラ群島 | トップページ | マリ・アントワネットの娘 »

2012年10月24日 (水)

福澤諭吉心訓七則

261017

    福澤諭吉(1835-1901)の「心訓七則」という7ヵ条の教えが、世の中によく知られているが、実は偽作とされている。最後にある「世の中で一番悲しい事はうそをつく事です」というのはジョークであろうか。「徳川家康公遺訓」(人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし、急ぐべからず)なども偽作と見るのが通説である。「少年老い易く学成り難し」で知られる「偶成詩」も朱熹(1342-1406)ではなく、五山の僧侶、観中中諦(1342-1406)の作であるらしい。100年以上も日本人は朱熹の漢詩と信じて暗誦してきたのである。ドイツの宰相ビスマルクが言ったとされる「賢者は歴史から学び、愚者は自分(経験)から学ぶ」もビジネスマン向きの研修などに引用されるが偽作の疑いがある。寺田寅彦の「天災は忘れた頃にやってくる」も典拠不明の名言である。

« ファルタック岬とソコトラ群島 | トップページ | マリ・アントワネットの娘 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファルタック岬とソコトラ群島 | トップページ | マリ・アントワネットの娘 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30