無料ブログはココログ

« ピオーネ | トップページ | 新潟県ご当地文学 »

2012年10月15日 (月)

神奈川県ご当地文学

10656168    横浜を舞台とした小説といえば有島武郎「一房の葡萄」が有名である。「かんかん虫は唄う」の吉川英治は横浜ドックで働いていたことがある。いわゆる鎌倉文士といわれる作家たちは、大佛次郎、川端康成、久米正雄、小島政二郎、小林秀雄、今日出海ら。島崎藤村は大磯に住んでいた。現代文学では石原慎太郎の「太陽の季節」、保坂和志「季節の記憶」、豊田和真「キャッチ・ア・ウェーブ」。

« ピオーネ | トップページ | 新潟県ご当地文学 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピオーネ | トップページ | 新潟県ご当地文学 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31