無料ブログはココログ

« 馬から落ちて落馬する | トップページ | 「君が代」の「君」とは誰のこと? »

2012年10月10日 (水)

翻筋斗

Img56800374    「もんどりうって倒れる」というが「もんどり」とは何か。漢字で「翻筋斗」と書くらしい。竹や木で作られた筒状になった魚を取る道具を「もんどり」という。片方には魚が入る穴があり、魚が入ってしまうと出られなくなる仕掛けがしてある。この中にエサを入れて魚を誘う。「もんどりを打つ」の語源には3つの説がある。①魚を採る道具②髻(もとどり)③戻(もどる)。①は「もんどり」を水の中に放り込む様子から生まれたとする。髻(もとどり)や戻(もどり)は「もんどり」に変化していった。広辞苑は③説で「身を倒(さかさ)にかえして立つこと。とんぼかえり。もうどり」とある。

« 馬から落ちて落馬する | トップページ | 「君が代」の「君」とは誰のこと? »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬から落ちて落馬する | トップページ | 「君が代」の「君」とは誰のこと? »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31