無料ブログはココログ

« 神奈川県ご当地文学 | トップページ | 長野県ご当地文学 »

2012年10月15日 (月)

新潟県ご当地文学

   「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった」。小説の舞台は書かれていないがトンネルがあることから、すぐに越後湯沢であるということになってしまった。新潟にはこの「雪国」のほか名作といわれる文学の舞台は少ない。司馬遼太郎の「峠」ぐらいである。藤沢周「ブエノスアイレス午前零時」、佐藤亜紀「戦争の法」。

« 神奈川県ご当地文学 | トップページ | 長野県ご当地文学 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神奈川県ご当地文学 | トップページ | 長野県ご当地文学 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31