無料ブログはココログ

« 芭蕉と杜甫 | トップページ | ある朝、目を覚ますと有名になっていた »

2012年10月 3日 (水)

近世人の健康法

   歴史秘話ヒストリアとザ・プロファイラー。「家康の長生き大作戦」では徳川家康は和剤局方(薬局)を設置して健康法に心がけた。家康の遺品の薬壷に秘薬「烏犀圓」(うさいえん)がある。これが徳川光圀に伝わり、彼も健康法につとめた。ウォーキング、水泳、そして食事療法。中国から朱舜水を水戸に招いた。ラーメン、餃子、牛乳酒、チーズなど食したのは日本人で光圀が最初といわれる。貝原益軒は自らの病弱を克服しようと健康法につとめた。夫婦で20年以上も体重を計測している。清の西太后には128人の専属の料理人がいて健康食につとめた。医食同源。

« 芭蕉と杜甫 | トップページ | ある朝、目を覚ますと有名になっていた »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芭蕉と杜甫 | トップページ | ある朝、目を覚ますと有名になっていた »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31