無料ブログはココログ

« 乙武洋匡、いじめ問題を語る | トップページ | 加藤繁「支那経済史考証」 »

2012年10月 9日 (火)

松江城と堀尾父子

Lrg_10275736    松江城は千鳥城ともいい、全国に現存する12天守の1つで、天守の平面規模では2番目である。明治の初め、全国の城は殆ど壊されたが、松江城の天守は地元の豪農勝部本右衛門(1796-1886)、旧藩士高城権八ら有志の奔走によって山陰で唯一保存され、松江のシンボルとして親しまれている。初代藩主、堀尾忠氏(1578-1604)は堀尾吉晴の次男。関ヶ原の戦の後、出雲24万石を拝領され、松江に城地を選定した。だが1604年、父吉晴に先立って病死した。一説によればニホンマムシにかまれたといわれる。1611年、吉晴が5年の歳月をかけて松江城を完成した。

« 乙武洋匡、いじめ問題を語る | トップページ | 加藤繁「支那経済史考証」 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乙武洋匡、いじめ問題を語る | トップページ | 加藤繁「支那経済史考証」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30