無料ブログはココログ

« 注染 | トップページ | 徳川家治は名君だった!? »

2012年10月 5日 (金)

気になることば「シカトする」

M82869

  ますます陰湿化するイジメが問題になっているが、イジメのひとつに「シカト」がある。「あいつ、シカトしようぜ」などと大勢が示し合わせ、ひとりの生徒を無視することだが、この言葉の語源は花札に由来するという説がある。花札の10月の絵柄は紅葉と鹿が描かれている。この鹿は、プイと横を向いて、知らん顔しているようにみえることから、相手を無視することを「シカトする」というようになったのだとする。漢字で書けば、「鹿頭」あるいは「鹿十」か。

    しかし、ケペルは「シカトする」という言葉を少年時代、青年時代に聞いた覚えはない。漫画やアニメ、ドラマで使われる比較的新しい言葉のような気がするが、広辞苑にも収録されており、花札説が採られている。古くからヤクザや下衆の間で使われていたのだろうか。

« 注染 | トップページ | 徳川家治は名君だった!? »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

じゃりン子チエの劇場版のオープニングでも、花札を使った「しかと」をほのめかす表現がありました。

 「シカト」「ヤバイ」「トンズラ」はヤクザの言葉として使ってはいけないといわれていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 注染 | トップページ | 徳川家治は名君だった!? »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30