無料ブログはココログ

« ンコ文字 | トップページ | ンドンバ »

2012年9月 5日 (水)

気になることば「はしゃぐ」

   「はしゃぐ」とは調子にのって、うかれ騒ぐ、の意味。もともと室町後期から「はしやぐ」という言葉は、「乾く」「乾燥する」という意味で使われていた。その後、江戸初期に「浮かれて騒ぐ」の意味が派生した。「はしゃぐ」は、漢字で書くと、「燥ぐ」乾いて軽くなる、という意味から、「フワフワと浮き立つ様子」を思い浮かべて、この漢字を当てたのかもしれない。しばらくの間は、「乾く」と「騒ぐ」の両方の意味があったが、後に、「乾く」の意味は薄れて、「騒ぐ」という意味の方がより一般的になった。たが明治生まれまでの人は、「乾く」の意味で使っていた。「桶がはしゃぐ」「かっぱしゃぐ」(からからに乾燥する)。「この魚、かっぱしゃいてて、もう食えねぇよ」(遠州弁)と使う。

« ンコ文字 | トップページ | ンドンバ »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ンコ文字 | トップページ | ンドンバ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30