無料ブログはココログ

« アンディ・ウィリアムス、ハーバート・ロム逝く | トップページ | まぼろしの配役 »

2012年9月29日 (土)

三原じゅん子「激しく、そして心のままに」

Enn1012211621020p1    タイムマシンで1980年に行った。「松田聖子と三原順子はどうしてる?」と聞かれ、聖子は3度結婚し、順子は国会議員といえば、順子ほうがビックリ度が高い。先日の自民党総裁決選の模様がテレビ中継された。安倍晋三の隣に高市早苗、石破茂の隣に三原じゅん子が座っていた。笑顔の高市と対照的だったのは、真剣な表情の三原だった。「燃えろアタック」でデビュー、「3年B組金八先生」の山田麗子役。ポスト百恵、つっぱりで人気がでた。「セクシーナイト」もヒットした。1982年紅白出場、映画は「ああ野麦峠」「人形嫌い」「嵯峨野の宿」順調にみえたが失速した。1987年、フライデー記者に暴行し逮捕される。以後はヤクザのVシネマ女優となった。元歌手、元女優、元レーサー。挫折の後、政界に進出。なぜか当選した。意外と政治家に向いているのかもしれない。人生、七転び八起き。将来、石破が首相になれば、女性大臣も夢ではない。

« アンディ・ウィリアムス、ハーバート・ロム逝く | トップページ | まぼろしの配役 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

でも案の定、男を見る目はなかった。
政界での暗躍の為に、擦り寄っていた安倍晋三を見限り、石破へ寝返ったが、総裁にはなれず。
2度の離婚の後、公設秘書を勤める年下の元バンドマンと同棲しているが、いつまた捨てられるのか?
所詮やっぱり、タレント議員だね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンディ・ウィリアムス、ハーバート・ロム逝く | トップページ | まぼろしの配役 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31