無料ブログはココログ

« 大統領と首相のいる国 | トップページ | 宮沢賢治の信仰心 »

2012年9月21日 (金)

恋は危険なほど燃え上がる

    ショパンとリスト、2人は仲がよかった。リストはオペラとも縁が深い。娘のコジマは不倫の末にワーグナーの妻になっている。コジマがスイスにいるワーグナーのもとへ走った事件は国際的に報道されて世間の非難を浴び、父のリストも激怒したといわれるが、リストも何回も不倫をしているのであまり強くいえないだろう。おもえば19世紀のロンマ派の芸術家は恋の時代だった。18世紀から19世紀、ナポリやミラノで隆盛をみたオペラのテーマもほとんど色恋、情事の礼賛である。リストの愛人だったマリー・ダグー伯爵夫人はリストよりも6歳年長だっというから、芸術家とパトロンのような関係だっただろう。

« 大統領と首相のいる国 | トップページ | 宮沢賢治の信仰心 »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大統領と首相のいる国 | トップページ | 宮沢賢治の信仰心 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30