無料ブログはココログ

« トトリムク | トップページ | ニュートンと虹 »

2012年9月30日 (日)

数字と俳句

E_yotume 尾崎放哉「咳をしても一人」のように数字を詠んだ俳句をあつめる。

ひとり往けひとりかなしめ曼珠沙華(黒田杏子)

かくれんぼ三つかぞえて冬となる(寺山修司)

枕三つ叩いて寝れば宝船(星野明世)

四つ目垣茶室も見えて辛夷哉(夏目漱石)

六ツ切の食パンぱんぱんの二つ腕(大西政司)

« トトリムク | トップページ | ニュートンと虹 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トトリムク | トップページ | ニュートンと虹 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31