無料ブログはココログ

« おきうと | トップページ | オートミールとクエーカー教徒 »

2012年9月25日 (火)

原稿用紙

Soumaya_img06_2011
 尾崎紅葉「不言不語」の原稿

   東京・神楽坂に老舗文具店「相馬屋源四郎商店」がある。もともとは和紙問屋だったが、明治中期に和紙から洋紙への移行が進む中、近所に住んでいた尾崎紅葉が「マス目を印刷してはどうか」と提案したのが原稿用紙の始まりだった。洋紙の原稿用紙を売り出したところ夏目漱石、北原白秋、石川啄木、坪内逍遥・・・・といった文人たちに愛用された。現在もなお、多くの作家たちが好んで使用している。

« おきうと | トップページ | オートミールとクエーカー教徒 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おきうと | トップページ | オートミールとクエーカー教徒 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30