無料ブログはココログ

« 烙印の女たち 小林カウ | トップページ | 烙印の女たち ルース・スナイダー »

2012年8月20日 (月)

定家忌

    小倉百人一首の編者については、①藤原定家説②宇都宮入道頼綱(定家の子の為家の先妻の父)説③宗祇説④藤原定家の歌の流れを汲む歌人、ないし定家の学問の系統につらなる某が、定家に仮託して選んだという説。およそ以上の4説に要約できるようであるが、今日なお定説といえるものはない。さりとて、「小倉山荘色紙形和歌」「小倉山荘色紙和歌」「嵯峨山荘色紙和歌」などと呼ばれた小倉百人一首が、京都の小倉山に住んだ藤原定家(1162-1241)となんらかの関係があったことは明らかであろう。巷間伝えられるところによれば、藤原定家は醜男で、10歳近くも年上の女性に恋こがれていたらしい。それは「新古今和歌集」第一の女流歌人、式子内親王である。式子は後白河天皇の皇女で、叔父は崇徳院、兄は以仁王、甥は安徳天皇である。彼らが源平の騒乱に巻き込まれていく悲運を目の当たりに見て、その悲しみを歌に沈潜させていった。定家にとっては恋すれどかなわぬ高嶺の花であった。定家の日記には式子の晩年の病状が詳細に記されているという。建仁元年、式子が亡くなり、定家の思いがカズラとなって墓を覆うようになった。人はそれを「定家葛」と呼んだ。

« 烙印の女たち 小林カウ | トップページ | 烙印の女たち ルース・スナイダー »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 烙印の女たち 小林カウ | トップページ | 烙印の女たち ルース・スナイダー »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31