無料ブログはココログ

« サルトルとニヒリズム | トップページ | レオ・フランク事件 »

2012年8月15日 (水)

ナイン・デイズ・ワンダー

    英米語圏では「ナイン・デイズ・ワンダー(不思議大好き9日間)」nine days wonder という言葉がある。

A wonder lasts but nine days.

人の興味はせいぜい9日しかもたない

  9日もすれば人は忘れるから、気にしないでおこう、という意味で使われる。日本では「人の噂も75日」だ。なぜ100日や50日といったキリのいい数ではなく75日なのだろうか。この言葉が使われたのは元禄のころ。西鶴の「世間胸算用」には「今に蛸の足は日本国が8本にきまりたるものを、1本づつ切って、是7本にして売れども、誰かこれに気のつかぬ事にて売りける、その足ばかりを松原の煮売屋に定まって買ふ者あり、さりとては恐しの人心ぞかし、物には75度とて、必ずあらはるる時あり」とある。つまり物事には75度をもって限度としていた。(物には七十五度)。おそらく24節気という区切りからきているのであろう。一節気はおよそ15日。むかしから5節気経てば違う季節になることから、15×5=75日となったのだろう。75日も経てばまったく新しい季節になるのだから、それまでのことはわすれようという意味である。イタリア豪華客船コスタ・コンコルディア沈没、いまどうしているのだろう。

Costaconcordiacruisesh007

« サルトルとニヒリズム | トップページ | レオ・フランク事件 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サルトルとニヒリズム | トップページ | レオ・フランク事件 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30