無料ブログはココログ

« テレビという妖怪 | トップページ | 観行院と静寛院宮 »

2012年8月 2日 (木)

厳島神社と平家納経

Itsukushima_model
 仁治度厳島神社復元模型

    厳島神社は、当時かなり衰微していたのを、平清盛が復興し、大規模な修復工事を行なった。神主・佐伯景弘の仁安3年(1168)11月の解状などにより、大体の規模が察せられる。平家納経は、清盛、重盛、頼盛、教盛などがそれぞれ1巻を分担する形で筆写した。全部で33巻あり、現在厳島神社が所蔵している。

Yakuobosatsu
田中親美の模写「平家納経」法華経薬王菩薩本事品第23(細見美術館蔵)

« テレビという妖怪 | トップページ | 観行院と静寛院宮 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビという妖怪 | トップページ | 観行院と静寛院宮 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31