無料ブログはココログ

« 烙印の女たち 花井お梅 | トップページ | 定家忌 »

2012年8月20日 (月)

烙印の女たち 小林カウ

   明治の毒婦といえば、高橋お伝、「夜嵐お絹」こと原田キヌ、「箱屋殺し」の花井お梅らが知られるが、昭和の毒婦といえば、「塩原ホテル日本閣事件」の小林カウ(1908-1970)だろう。小林は明治41年10月20日、埼玉県大里郡玉井村(現・熊谷市)に生れる。昭和29年、病弱の夫・小林秀之助に風邪薬と偽って青酸カリで毒殺。しかし、警官に共謀させ、医師にニセ死亡診断書を書かせる。昭和35年、栃木県塩原温泉で従業員の大貫光吉と共謀して、生方鎌助・ウメ夫婦を殺害する。昭和45年、戦後の女性死刑執行第1号だった。吉永小百合で映画化されている。

« 烙印の女たち 花井お梅 | トップページ | 定家忌 »

女性」カテゴリの記事

コメント

吉永小百合のなんていう映画なのでしょうか?

「天国の駅」です。

ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 烙印の女たち 花井お梅 | トップページ | 定家忌 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31