無料ブログはココログ

« ビルマの竪琴 | トップページ | McQueenのように中間に大文字がある有名人 »

2012年8月28日 (火)

ニホンカワウソは絶滅した

Photo_2

    特別天然記念物ニホンカワウソはイタチ科の哺乳類。川や湖の近くに住み、体は褐色。四肢は短く、水掻きがあって泳ぎに適し、水中で魚などを捕食。体長約70㎝。毛皮は良質。人間にとって身近な存在であり、河童伝説の原型になったと考えられる。毛皮を求めて大正から昭和初期にかけて乱獲が進み、1928年に捕獲禁止となったが、時すでに遅く、高知県南西部の沿岸部にわずか生息域を残すのみとなった。1974年に高知女子大学の研究チームが須崎市にある新荘川でメスの成獣を生け捕りにしたが、その後は捕獲されていない。1979年以来目撃例はなく絶滅が危惧されていた。須崎市の市民憲章は「のこそう かわうそのまち すさき」とある。だが2012年8月、環境省はニホンカワウソを絶滅種としている。

« ビルマの竪琴 | トップページ | McQueenのように中間に大文字がある有名人 »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビルマの竪琴 | トップページ | McQueenのように中間に大文字がある有名人 »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31