無料ブログはココログ

« 定家忌 | トップページ | 「本佐録」は本多正信の作か? »

2012年8月20日 (月)

烙印の女たち ルース・スナイダー

    ルース・スナイダー&ジャド・グレイが共謀した保険金殺人事件はありふれたものであったが、米国犯罪史上まれにみる注目を集めて、映画化され、長く人々の記憶にとどめている。1927年、ニューヨーク郊外のある家で主人のアルバート・スナイダー(45歳)が惨殺された。犯行は結婚生活に不満をもつ妻ルース・スナイダー(32歳)と愛人ジャド・グレイ(35歳)の保険金を狙った計画殺人とわかった。判決は第一級殺人として2人は電気椅子にかけられ1928年1月、処刑された。この事件に匹敵するほどの注目を集めたものは、1932年に起きたリンドバーグ愛児誘拐事件くらいのものだった。この事件を題材として「深夜の告白」が1944年に製作された。バーバラ・スタンウィックがルースをモデルにした妖婦フィリス・ディートリクソンを見事に演じた。この同じ役をキャスリン・ターナーが「白いドレスの女」(1981)で演じている。「虎の女」ルース・スナイダーは伝説の悪女となった。

« 定家忌 | トップページ | 「本佐録」は本多正信の作か? »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定家忌 | トップページ | 「本佐録」は本多正信の作か? »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31