無料ブログはココログ

« セレステ・ホルム死去 | トップページ | ブロッコリー »

2012年7月16日 (月)

板垣退助と自由党

200pxitagaki_taisuke_japan   板垣退助は土佐藩出身で、幕末討幕運動に参加し、新政府の参議となる。征韓論に敗れ、自由民権運動の中心となり1881年、自由党を結成する。近代の政党は全部でいくつあるのは知らないが相当数になる。自由党を基本に追っていくと、立憲自由党、憲政党、立憲政友会、憲政会、立憲民政党、政友会、日本自由党、民主自由党、自由党、日本民主党、自由民主党、新生党、新進党、自由党、民主党、そして国民の生活が第一。新党名については賛否ある。宇多田ヒカルがツィッターで「ついに政党の名前にもキラキラネームきたか・・・。こうなると「くまちゃんの肌触りは世界一」党の結成も夢ではないな」と諷刺している。板垣退助も名前にはこだわらない人物だった。もともとは乾退助だった。幕末、甲府鎮撫隊と戦ったとき改姓した。武田24将のひとり板垣駿河守信形から板垣姓を採った。つまり民心を和らげるため、改姓したのだ。「国民の生活が第一」の政治感覚は民心にはどのようにひびいたのだろうか。

« セレステ・ホルム死去 | トップページ | ブロッコリー »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セレステ・ホルム死去 | トップページ | ブロッコリー »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31