無料ブログはココログ

« 卑弥呼の箸と枕 | トップページ | アレクサンドロス大王の海底探検 »

2012年7月 8日 (日)

バリカン

1231939035_0   髪を刈る金属製の器具「バリカン」(Barriquand)。英語でヘアー・クリッパー(hair clipper)というが、なぜ日本や韓国では「バリカン」と言うのか。

    明治16年にフランス駐在の外交官・長田桂太郎によって日本に初めて持ち込まれた物が、フランス製バリカン・エ・マール社だった。2年後、理髪師の鳥海定吉が使用して広まった。理髪師たちの間で、社名とは知らずに剪毛器具を「バリカン」と呼んだ。本当のフランス語はトンズーズ(tondeuse)という。

« 卑弥呼の箸と枕 | トップページ | アレクサンドロス大王の海底探検 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 卑弥呼の箸と枕 | トップページ | アレクサンドロス大王の海底探検 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31