無料ブログはココログ

« マリア・テレジアとマリー・アントワネット | トップページ | オデッサ文学紀行 »

2012年7月 8日 (日)

ブラームスとエリザベート

Img
 ヨハネス・ブラームス

    ヨハネス・ブラームス(1833-1897)はドイツのハンブルクで生れた。父ヨーハン・ヤーコブから音楽の手ほどきを受け、ピアノを学んだ。13歳の時には酒場でピアノを弾き、家計を助けるようになった。20歳の時、シューマンを訪ねる。シューマンはブラームスの才能を見抜き、妻クララと共に親しくなった。シューマンの死後も、クララとの親密な関係は続いた。

Img_0002
 エリザベート・フォン・ヘルツォーゲンベルク

   ブラームスは、生涯一度も結婚しなかった。その理由を人に問われたとき、ブラームスは「そんな機会はなかった」と答えたが、これはブラームスの照れ隠しで、恋愛は幾度かあった。35歳の時、大学教授の娘アガーデ・フォン・ジーボルトと結婚寸前までいくが破談する。またエリザベート・フォン・シュトックハウゼン(1847-1891)はブラームスに弟子入りしたが、彼女の美しさにブラームスは恐れをなしてかハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルク(1843-1900)に押しつけてしまった。エリザベートはハインリヒと結婚するが、彼女は生涯通じてブラームスのよき理解者だった。(Johannes Brahms,Elisabet von Stockhausen)

« マリア・テレジアとマリー・アントワネット | トップページ | オデッサ文学紀行 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マリア・テレジアとマリー・アントワネット | トップページ | オデッサ文学紀行 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30