無料ブログはココログ

« チェスキー・クルムロフ | トップページ | 兵庫県の偉人は誰れ? »

2012年7月 2日 (月)

ふれあい

1294657555   むかしの広辞苑には「ふれあい」という言葉は載っていない。「ふれる」と「あう」という動詞が複合した名詞形が「ふれあい」である。つまり「助け合い」「語り合い」「見つめあい」「いたわりあい」と同類なので、載っていないのが当たり前である。それが1998年の第5版には「ふれあう」も「ふれあい」も出ている。理由はわからないが、「人と人とのふれあい」とか「名画とのふれあい」という言い方をする人が増えてきたからだろう。広辞苑には「ちょっとした交流」と説明している。役所の人が好きな言葉らしく公民館や介護施設、キャンプ場などによく使われる。尾道ふれあいの里、滝川ふれあいの里、美濃白川クオーレふれあいの里。だが何か「ふれあい」とはつかみどころのない空虚な感じがする。「学研現代新国語辞典」には「たがいにわかりあったような気持ちになる」と説明している。ある人が「きずな」「いやし」「ふれあい」など嫌いな言葉だといっていた。だがあいまいな言葉ほど多くの人から好まれるから不思議だ。

« チェスキー・クルムロフ | トップページ | 兵庫県の偉人は誰れ? »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チェスキー・クルムロフ | トップページ | 兵庫県の偉人は誰れ? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31