無料ブログはココログ

« 666は兵庫県川西市の郵便番号 | トップページ | ジョアンナ・シムカス »

2012年7月 1日 (日)

シーザーとクレオパトラ

Img_0002

    「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、世界の歴史も変わっていたであろう」何人もの男の心を捉えたクレオパトラはギリシア系だったから、さぞかし立派な鼻をしており、絶世の美女であっただろう。カエサルと初めて会ったとき、クレオパトラは21歳だった。クレオパトラは腹心の部下アポロドロスに命じ、美しい絨毯に巻かれてカエサルの部屋まで運ばせたのである。絨毯が広げられると、中からクレオパトラが現れてその身を奉げたのである。2人の関係は結局10年以上続き、カエサリオンという息子まで生れた。ローマの法律により、異邦人であるクレオパトラとの結婚は許されなかった。しかし奇妙なことに、法的に関係が認められなかったおかげで、2人は姦通罪に問われることもなかったのである。彼らの関係はシーザーがエジプトにいるあいだ続いただけでなく、その後もクレオパトラは数回ローマに彼を訪れている。断続的に関係を続けた14年間、シーザーはずうっと3人目の妻カルプルニア・ピソニスと結婚していたのである。(Julius Caesar,KleopatraⅦ)

« 666は兵庫県川西市の郵便番号 | トップページ | ジョアンナ・シムカス »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 666は兵庫県川西市の郵便番号 | トップページ | ジョアンナ・シムカス »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31