無料ブログはココログ

« 芥川賞と直木賞 | トップページ | 小沢新党のゆくえ »

2012年7月 4日 (水)

女たちは二度遊ぶ

001   映画「女たちは二度遊ぶ」(2010)を観る。原作は吉田修一の短編小説であるが、風変わりな内容で、現代的な若者像が垣間見えてとても面白い。オムニバスで「どしやぶりの女」相武紗季、「自己破産の女」水川あさみ、「夢の女」小雪、「平日公休の女」優香、「つまらない女」長谷川京子が演じている。小説家のユースケ・サンタマリアが編集者に原稿を催促されながら、七転八倒のおもいで書き上げる。ファム・ファタール(悪女)でもなく、オカルトでもなく、純愛でもなく、ハッピーエンドでもなく、ラブコメでもない不思議な味わいがでている。

« 芥川賞と直木賞 | トップページ | 小沢新党のゆくえ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芥川賞と直木賞 | トップページ | 小沢新党のゆくえ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31