無料ブログはココログ

« なぜ「松竹梅」なのか | トップページ | 人生は死への前奏曲 »

2012年7月20日 (金)

失恋小説

124831580675116219271_tyo73   「自分は女に、飢えている。この餓えを自分は、ある美しい娘が十二分に癒してくれるものと、信じて疑わない。実はいまだに口をきいたことすらなく、この1年近くは姿を目にしていない」武者小路実篤(1885-1976)の「お目出度き人」の書き出し。同じ頃、慶應大学生の佐藤春夫(1892-1964)は犬吠崎へ行き、「犬吠岬旅情のうた」を残している。この詩は失恋の痛手が込められているというが、春夫の相手が誰であるかわからない。尾竹ふくみ(安宅ふくみ)を知り、不眠症になるのはそれから1年後のことである。ともかく明治末期から大正初期の青年層は、小説であれ詩歌であれ、失恋を題材に感傷的な文学を希求していたようである。

« なぜ「松竹梅」なのか | トップページ | 人生は死への前奏曲 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ「松竹梅」なのか | トップページ | 人生は死への前奏曲 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31