無料ブログはココログ

« 最後の逃亡者、高橋克也 | トップページ | 奇兵隊創設 »

2012年6月 7日 (木)

西田幾多郎忌

Photo   「自分の生涯はその前半は、黒板を前にして座した。その後半は、黒板を後にして立った。けっきょく、黒板に向かって一回転をなしたといえば、それで私の伝記はつきるのだ」

   満60歳になって、京都大学退職のおり西田幾多郎(1870-1945)はこう語った。

   西田幾多郎は、明治3年5月19日、石川県かほく市(河北郡宇ノ気村字森)に西田得登の長男として生まれた。石川県専門学校で、数学の北条時敬(1858-1929)という先生と出会う。北条から数学者になるように勧められるが、哲学を志した。

 一事を考へ終らざれば他事に移らず。

 一書を読了せざれば他書をとらず。

   西田青年の学問への強い決意が、日記に記されている。

« 最後の逃亡者、高橋克也 | トップページ | 奇兵隊創設 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の逃亡者、高橋克也 | トップページ | 奇兵隊創設 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30