無料ブログはココログ

« Vサインの象徴 | トップページ | 気になる脇役、木田三千雄 »

2012年6月 6日 (水)

カフェーの女給とガールズバー

Purantan1

    明治44年3月、洋画家の松山省三(1884-1970)と平岡権八郎(1883-1943)は、京橋日吉町(現・銀座8丁目)に「カフェー・プランタン」を開業した。新聞の三行広告で、女性を募集する時に、当時は「女ボーイ」と呼ばれていたが、字あまりになるというので、女の給仕という意味で「女給」という言葉が生れた。プランタンに次いで、パウリスタ、ライオン、ブラジルなどが京橋を中心として開店した。女給の衣裳は、着物の上から胸当て付ききで、丈の長い白いエプロンを付けるという、和洋折衷的なスタイルだった。

 大正期は若い芸術家たちのサロンだったカフェーも、昭和になると時代の流れの中で、「女給」を売りにした風俗営業となっていった。カフェーの女給は、大阪と東京ではかなり違いがあり、大阪のカフェーの特色は客のそばに寄り添ってサービスするエロ路線だった。昭和5年頃、女給全盛時代となるが、女給崩れの中からは、街頭で身を売る「ストリート・ガール」、タクシーの助手席から男を誘う「円タク・ガール」、消毒ガーゼを使って接吻する「キッス・ガール」(1回50銭)という新手の風俗業も登場した。

 わたしゃ夜さく 酒場の花よ

 赤い口紅 錦紗のたもと

 ネオン・ライトで 浮かれておどり

 さめて さみしい 涙花

   「女給の唄」(西條八十作詞、昭和6年)

   最近、流行の兆しをみせているのが「ガールズバー」。露出度の高い衣装で接客するという。日本は変わらないな。

« Vサインの象徴 | トップページ | 気になる脇役、木田三千雄 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

頑張ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Vサインの象徴 | トップページ | 気になる脇役、木田三千雄 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30