無料ブログはココログ

« 最古の戸籍 | トップページ | 難波大助の生と死 »

2012年6月17日 (日)

ジェームス・パーキンソンとアロイス・アルツハイマー

Jamesparkinson 795_alzheimeralois
 パーキンソン          アルツハイマー

   医学の分野ではある症状の病名が、最初の症例報告者に因んでつけられることがしばしばみられる。バセドー病、アスペルガー症候群、クロイツフェルト・ヤコブ病、スティーブンス・ジョンソン症候群、リドル症候群、ギラン・バレー症候群、コルサコフ病、ターナー症候群、ダウン症候群、ハンセン病、ハンチントン病、ベーチェット病、メニエール病、シーハン症候群、シャイ・ドレーガー症候群など。なかでもパーキンソン病とアルツハイマー病はよく知られた病名である。イギリス医師ジェームス・パーキンソンは1817年初めてパーキンソン病を報告した。ドイツの医師アロイス・アルツハイマー(1864-1915)が1906年アルツハイマー病を報告した。

( James Parkinsons,Aloysius Alzheimer,Hans Asperger,エポニム,eponym )

« 最古の戸籍 | トップページ | 難波大助の生と死 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最古の戸籍 | トップページ | 難波大助の生と死 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31