無料ブログはココログ

« 懐かしの60年代女優 | トップページ | 英国映画、鉄道と架空地名 »

2012年6月 1日 (金)

光陰矢の如し

Pn2010080701000052___ci0003

  10代は分、20代は時、30代は日、40代は週、50代は月といわれる。つまり、40代の人だったら、「じゃあ来週のことにしよう」と、週を単位にして約束をする。ところが、その人が50代になると、「それは来月のことにしよう」と。月を単位にして予定を立てる。このように時間の受け取り方が、年齢に応じて加速度化していくことをこの話は表わしている。「日長きこと少年に似たり」という句があるが、少年のころの1日は長い。そのために、人間は一生の生活設計を、とかく間違うことが多い。20年、30年生きるという前提で将来の設計を立てたりするから、設計と実際に誤差を生じ、結局、晩年に悔いを残す。われわれは一歳を重ねるごとに1年の回転率がそれに比例して早くなることを、念頭におかなければならない。

The day is short and the work is much.

日はまもなく暮れるが、やり残した仕事は多い

118879205502s7vt

« 懐かしの60年代女優 | トップページ | 英国映画、鉄道と架空地名 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしの60年代女優 | トップページ | 英国映画、鉄道と架空地名 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31