無料ブログはココログ

« マチェローニ大佐のコレクション「ナポレオンの歯」 | トップページ | 有名人の交通事故が多すぎる »

2012年6月15日 (金)

スティーブンス・ジョンソン症候群

C0017050stevensjohnson_syndromespl   あさイチで紹介されていた「かぜ薬にひそむ重い副作用」スティーブンス・ジョンソン症候群とは何か。広辞苑にもないがルルの使用説明には載っている。高熱(38℃)を伴って、発疹・火傷のような水ぶくれが全身の皮膚にあらわれる。中毒性表皮壊死症。1922年にアルバート・スティーブンス(1884-1945)とフランク・ジョンソン(1894-1934)によって発表されたが未だ原因はよくわからない。SJSの被害がほとんど知られないのは製薬会社の販売に悪影響があるからだろう。薬には効用もあるが副作用もある。( Stevens-Johnson syndrome,Albert Mason Stevens,Frank Chambliss Johnson,eponym )

« マチェローニ大佐のコレクション「ナポレオンの歯」 | トップページ | 有名人の交通事故が多すぎる »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マチェローニ大佐のコレクション「ナポレオンの歯」 | トップページ | 有名人の交通事故が多すぎる »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31