無料ブログはココログ

« 時計の竜頭(りゅうず) | トップページ | 光陰矢の如し »

2012年6月 1日 (金)

懐かしの60年代女優

Img_341775_1453147_6 Photo_11 Photo_12

   日本映画チャンネルを見ていると懐かしい女優がでている。真理明美、賀川雪絵、宇津宮雅代、江夏夕子など(大坂城の女)。豊浦美子、菱見百合子、進千賀子広瀬みさ。進千賀子といえば「美しきチャレンジャー」(1971)、ヒロイン小鹿みどりのライバル七瀬茜である。日活時代は吉永小百合の映画の脇にまわされた。東宝の黒沢年男・酒井和歌子「めぐりあい」に脇役で出ている。大手自動車工場の美人事務員。酒井はベアリングの町工場の事務員。黒沢は進に振られて、酒井を選ぶ。1968年の恩地日出夫のこの青春映画は世相がとてもよく描かれている。クーラーのまだ普及していない暑い夏、大学進学熱はまだ高かった、学園紛争、ベトナム戦争が泥沼化、グループサウンズの流行。すべて青春の原点がこの1本に詰め込まれているような作品だ。進千賀子はとてもきれいな女優だったが、主演作品を見たことがない。

« 時計の竜頭(りゅうず) | トップページ | 光陰矢の如し »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時計の竜頭(りゅうず) | トップページ | 光陰矢の如し »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31