無料ブログはココログ

« 図書館は維持していくことは困難だが、破壊することはたやすい | トップページ | 接尾語「tion」は単語の意味をどう変えるのか? »

2012年6月25日 (月)

後白河と藤原信頼との男色関係

   平治の乱の首謀者、藤原信頼は「文にもあらず、武にもあらず、能もなく、芸もなし」と平家物語で散々にこき下ろされ、「体格は肥満で色白、衆道(男色)を好む」「後白河に愛され、あさましき程に御寵愛ありけり」と愚管抄にみえる。この寵愛とは男色関係に基づくものである。信頼と後白河の関係は、保元2年ころから深まったのであろう。この年に近衛中将になっている。近衛は男色関係を強く求められた官職であり、この任官はめざましい信頼の出世を意味している。信西は「長恨歌」を藤原師光に渡して後白河に見せた。唐の玄宗皇帝が楊貴妃にのめり込んで国を滅ぼした話であり、暗に後白河の軽挙を誡めたのであるが、帝は信西の真意に全く気づかなかったとある。

« 図書館は維持していくことは困難だが、破壊することはたやすい | トップページ | 接尾語「tion」は単語の意味をどう変えるのか? »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 図書館は維持していくことは困難だが、破壊することはたやすい | トップページ | 接尾語「tion」は単語の意味をどう変えるのか? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31