無料ブログはココログ

« 長い爪 | トップページ | 山口判事のドラマでの扱いをめぐって »

2012年5月16日 (水)

大腸

Image01    大腸は、2メートルほどの長さを持つ管腔で小腸につながる。太さは小腸の約2倍で、直径は約4センチ。小腸と大腸の移行部には、大腸側に盲腸が垂れ下がっており、その先端は虫垂と呼ばれる紐状の長さ10センチほどの組織が付着している。盲腸炎とは、正確には虫垂の炎症のことである。回腸と大腸の間には、回盲弁(バウヒン弁)と呼ばれる弁があり、内容物の逆流を防いでいる。大腸の粘膜は小腸のような絨毛はなく、比較的平坦である。大腸は腹腔内を時計方向にひと回りして、左下腹部でS状結腸とよばれる大きな屈曲部をとり、骨盤腔内を下って直腸となり、排泄部の肛門へ移行する。大腸の表面には結腸ヒモ、結腸膨起と腹膜垂がついていることが、その特徴である。(large intestine,small intestine,appendix,cecum,Bauhin valve)

« 長い爪 | トップページ | 山口判事のドラマでの扱いをめぐって »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長い爪 | トップページ | 山口判事のドラマでの扱いをめぐって »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30