無料ブログはココログ

« フロマージュはチーズ (フランス語単語集) | トップページ | 籠の鳥 »

2012年5月18日 (金)

恐ろしいアフリカマイマイ

20080629111853   日本のカタツムリの多くは、小形種だったが、近年、奄美大島、沖縄、小笠原諸島には大形の外来種カタツムリが侵入してきた。成貝の殻径が7~8cm、殻高20㎝以上になるアフリカマイマイは危険である。爆発的に増殖し、小形のカタツムリはほぼ絶滅している。農作物にも被害を与えている。マイマイが這った跡の野菜を洗わずに食べると、寄生虫に寄生され、死に至ることもある。2007年には鹿児島県出水市と指宿市でもアフリカマイマイが発見された。外来生物法において要注意外来生物に指定されている。

« フロマージュはチーズ (フランス語単語集) | トップページ | 籠の鳥 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フロマージュはチーズ (フランス語単語集) | トップページ | 籠の鳥 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30