無料ブログはココログ

« 恐ろしいアフリカマイマイ | トップページ | 中原早苗さん逝く »

2012年5月18日 (金)

籠の鳥

あいたさ見たさにこわさを忘れ

暗い夜道をただ一人

      (千野かほる「籠の鳥」)

大正11年から12年にかけて流行した歌。「赤ん坊の片言にまで歌われた」といわれたくらいの空前のヒットだった。江戸時代のはやり歌に「投げ節」というのがあり、その中にも「あいたさ見たさは飛び立つばかり。籠の鳥かやうらめしや」という文句がある。「山家鳥虫歌」(1772年の民謡集)を原型にしているともいわれる。映画会社も競って映画化し、歌川八重子、沢蘭子の主演映画が知られるが、政府は退廃的だとの理由で映画の上映を禁止した。

« 恐ろしいアフリカマイマイ | トップページ | 中原早苗さん逝く »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐ろしいアフリカマイマイ | トップページ | 中原早苗さん逝く »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30