無料ブログはココログ

« 長命だった脱盟者・奥野将監 | トップページ | 映画と駅舎 »

2012年5月 8日 (火)

ズルチン

   人工甘味料。無色の結晶または結晶状粉末。戦後の食糧難の時代、栄養もエネルギーも不足し、体は糖分を切実に求めていた。しかし砂糖はなかなか手に入らない。そこで試みられたのが、いわゆる代用砂糖である「ヅルチン(ズルチン)」だった。栄養分は全くなく、甘みだけを感じるというもので、発癌作用・肝臓障害作用など人体に有害なため、1968年使用が禁止された。

« 長命だった脱盟者・奥野将監 | トップページ | 映画と駅舎 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長命だった脱盟者・奥野将監 | トップページ | 映画と駅舎 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30