無料ブログはココログ

« 大江戸スカイツリー | トップページ | 祖父はビング・クロスビー »

2012年5月25日 (金)

アントニウス・マタイセン

Mathijsen_a_netherlands_1941_scott_   骨折の患部を固定するために石膏粉末を含ませた包帯をギプス(Gips)という。オランダ語ギプス(石膏の意)が語源であるが、日本人は誤って「ギブス」と発音する。1852年、英蘭戦争でオランダの軍医アントニウス・マタイセン(1805-1878)が初めてギプスを用いて治療した。(Antonius Mathijsen)

« 大江戸スカイツリー | トップページ | 祖父はビング・クロスビー »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大江戸スカイツリー | トップページ | 祖父はビング・クロスビー »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31