無料ブログはココログ

« 杉内、史上初の甲子園とプロでノーヒットノーラン | トップページ | 不幸は重なってくる »

2012年5月31日 (木)

頼長の男色癖

B0232447_2317315   日本で男色が普及するのは、平安末期からである。保元の乱の首謀者、藤原頼長(1120-1156)の日記「台記」には、さまざまな男たちとの行為が赤裸々に記録されている。寵愛をうけた秦公春は頼長の意のままに暗殺まで実行したが、病で亡くなった。頼長は悲しみのあまり3ヵ月も仕事をしなかったという。

« 杉内、史上初の甲子園とプロでノーヒットノーラン | トップページ | 不幸は重なってくる »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杉内、史上初の甲子園とプロでノーヒットノーラン | トップページ | 不幸は重なってくる »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31