無料ブログはココログ

« 予約の多い小説 | トップページ | 八木原駅 »

2012年5月 3日 (木)

フグと伊藤博文との俗説

Itousennen    日本人は古来フグを賞味していた。中毒に関する記録がないのは、魚肉を刺身の形で食べる風習があり、内臓を食べなかったためと考えられる。豊臣秀吉の朝鮮出兵のとき、下関に集結した諸国の軍勢のなかに、フグの毒を知らず内臓を煮て食べて落命するものが続出したので、町の辻辻に禁札を立て、「この魚くうべからず」と食用を禁じた。江戸時代、フグを食べることは禁じられた。萩ではフグの本場であるが、藩の掟には、「フグを食べて死んだ者の家は永久に断絶」とある。明治27年、日清戦争講和会議が下関の春帆楼で開かれた。伊藤博文はフグの美味なることを知っていたので、この宴席料理にフグを許可した。そのためフグが一般にも広まったと俗にいわれる。

« 予約の多い小説 | トップページ | 八木原駅 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予約の多い小説 | トップページ | 八木原駅 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30