無料ブログはココログ

« 「冬のソナタ」で始める韓国語 | トップページ | アントニウス・マタイセン »

2012年5月24日 (木)

大江戸スカイツリー

Skytree
 歌川国芳「東都 三ツ股の図」

   西洋画の技法を取り入れ斬新な構図で知られた歌川国芳(1797-1862)。「東都 三ツ股の図」(1831年頃)という浮世絵に不思議な高い塔が見える。場所も同じ隅田川。相撲櫓とも井戸掘りの櫓ともいわれるがあまりにも高い。なにやら国芳没後150年だが、彼には江戸から東京の移り変わりを予知するパワーがあったのだろうか。

« 「冬のソナタ」で始める韓国語 | トップページ | アントニウス・マタイセン »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「冬のソナタ」で始める韓国語 | トップページ | アントニウス・マタイセン »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31