無料ブログはココログ

« 百済建国の母、召西奴(ソソノ) | トップページ | コシアキトンボ »

2012年4月24日 (火)

ロザリンド・フランクリン

Rosalindfranklin   遺伝子の本体DNAが二重らせん構造をとることは、ジェームズ・ワトソン、フランシス・クリック、モーリス・ウィルキンスの功績となっている。3人は1962年ノーベル生理学・医学賞を受賞している。だがロザリンド・フランクリン(1920-1958)という若き女性科学者のX線回折写真の業績によるものが大きい。彼女は1958年に37歳で亡くなったが、実験のためX線を大量に浴びたことが癌の原因であると考えられる。( keyword;Rosalind Franklin )

« 百済建国の母、召西奴(ソソノ) | トップページ | コシアキトンボ »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 百済建国の母、召西奴(ソソノ) | トップページ | コシアキトンボ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31