無料ブログはココログ

« 地図の歴史 | トップページ | エルノー・ルービック »

2012年4月11日 (水)

木内石亭

Yajima17    木内石亭(1724-1808)は近江の生れ。生涯を奇石の収集と愛玩に賭け、現在の博物学、考古学、鉱物学につながる研究をした。実証的な研究態度は近代科学の扉をたたこうとする人々を育成した。「雲根志」「奇石産誌」など著す。(参考文献:斎藤忠「木内石亭」 人物叢書)

2010_07_3039b10c

« 地図の歴史 | トップページ | エルノー・ルービック »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地図の歴史 | トップページ | エルノー・ルービック »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31