無料ブログはココログ

« 大河ドラマ「平清盛」絶対絶命 | トップページ | 最初に世界一周した女性 »

2012年4月 2日 (月)

アンジェー城とルイ9世

Chateauangers_1024x768

   パリの南西を流れるロワール川の中流域アンジュー地方はローマ時代にはユーリオマガスと呼ばれていたが、3世紀の終わりから城塞都市として発達、9世紀後半にアンジュー公フルク1世が支配した。12世紀初めにアンジュー公とノルマンディ公とを兼ねたジョフロア4世・プランタジネットが、イングランド王ヘンリ1世の娘マチルダと結婚した。だが、その子息がイングランド国王に迎えられてヘンリ2世となり、父親の没後、所領のノルマンディと共にアンジュー地方までを伝領したので、フランスの内陸部にまでイングランド領が現れることとなり、領地問題は大変複雑となった。リチャードとジョンがイングランド王になると、フランス王フィリップ2世は失地回復の闘争を起こし、1204年から1206年の間にアンジューをはじめノルマンディなどの領地を奪回した。ルイ9世は1232年ころアンジェー城を堅固な城郭とした。ルイの治世(在位1226-1270)はカペー朝を通じて最も栄光に満ちたものであり、パリをヨーロッパにおける文化の中心としたのも同王である。

( keyword;Chateau de Angers,Juliomagus,Foulque,LouisⅨ )

« 大河ドラマ「平清盛」絶対絶命 | トップページ | 最初に世界一周した女性 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマ「平清盛」絶対絶命 | トップページ | 最初に世界一周した女性 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31