無料ブログはココログ

« モナ・リザの微笑の謎 | トップページ | 指人形の少女 »

2012年4月30日 (月)

ブルー・フィルム

Blue_film_roll2    男女の性行為をあからさまに描いた猥褻な映画を「ブルーフィルム」という。1960年代ころから日本にも「ブルー・フィルム」という言葉は使われた。しかしすぐに「ピンク映画」が一般的な呼び名となった。日本人にとって桃色がエッチな色なのだろう。なぜアメリカ人には青色がエッチな色なのか。英語のblueには「憂鬱な」「猥褻な」の意がある。それは①アメリカの売春婦たちのドレスの色がブルーだったから。②昔アメリカで検閲が青鉛筆を使い、出版物などエッチな個所を青色でチェックしたから③モノクロだったエッチなフィルムを青色に着色したから、など諸説ある。このほか、中国では黄色、スペイでは緑色(verde)と国によってエッチな色はさまざまである。

« モナ・リザの微笑の謎 | トップページ | 指人形の少女 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

国によってエッチな色が違う?

なるほど。お国柄か・・・中国ではイエローがエッチな色か。アメリカはブルー。
スペインはグリーンとは・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モナ・リザの微笑の謎 | トップページ | 指人形の少女 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30