無料ブログはココログ

« 戦艦敷島 | トップページ | アンジェー城とルイ9世 »

2012年4月 2日 (月)

大河ドラマ「平清盛」絶対絶命

Heike_2

    第13回「祇園乱闘事件」。平家の家臣が放った矢が宝殿にあたったため、僧侶が怒って強訴したが、僧侶の横暴を快く思わなかった鳥羽法皇は、それを聞き入れず、罰金刑ですませた。1147年に実際にあった事件で平清盛の話では重要な回である。ところが関東地区で視聴率が11.3%とワーストを更新。このままジリ貧となり、夏にはロンドン五輪の中継で絶命するかもしれない。

    祇園乱闘事件といえば、昭和30年の大映「新平家物語」でもこの場面をメインにしている。市川雷蔵が素晴らしい演技を見せた。今見ると眉の濃すぎるメイクが可笑しいが、声が野太くて凛々しい。NHKはやはり芝居の見せ場としては甘い。長丁場なので山場がわからなく、だらだらと続いてしまう。松山ケンイチと市川雷蔵を比較するのは少し可愛そうな気もする。

    史実では祇園社の一件は清盛が矢を放ったのではなく、郎党によるものである。また清盛がその場に居合わせたかどうかも分からない。この事件から6年後、父忠盛の死によって清盛は名実ともに平氏の棟梁となる。

« 戦艦敷島 | トップページ | アンジェー城とルイ9世 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦艦敷島 | トップページ | アンジェー城とルイ9世 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31