無料ブログはココログ

« 逃げ逃げ家康天下を取る | トップページ | 峠の釜めし物語 »

2012年3月14日 (水)

似ぬ京物語

Photo_3

    今年の大河ドラマ「平清盛」。神戸や広島が観光キャンペーンをしているが、ただいまのドラマはほとんどが京都が舞台である。昨年、一昨年も京都の話題は多かった。学問の街といわれる京都で入試不正行為があった。逮捕された学生は「京大はカンニングしやすかった」と供述している。外国人政治献金問題で外相を辞任した前原誠司は京都出身。支援者も京都人。漢字能力検定協会の理事長、池坊保子が退任。華道家元専永の夫人。過去にペントハウスのヌード問題あり。京都といえばお寺さん。金閣・銀閣。住職・有馬頼底が巨額の所得申告漏れ。京都は総本山、宗家の都で、全国からカネが集まる。京都は今もカネと権力の魔都である。

« 逃げ逃げ家康天下を取る | トップページ | 峠の釜めし物語 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

我が国が核攻撃を受けたらどのような事態が発生するか。
我が国の原発が大事故を起こしたらどうなるか。
疾走する弾丸列車が脱線事故を起こしたらどのようになるか。

悪夢は見たくない。いつまでも能天気でいたい。
天下泰平の気分を壊したくない。

自分に都合の良いことだけを考えていたい。
それ以外の内容は、想定外になる。
もしも起こったら、びっくりする以外にない。

日本語には時制がないので、未来時制もない。
未来の内容を鮮明に正確に脳裏に描きだすことは難しい。

危機管理は大の苦手。
だが、犯人捜し・捕り物帳なら大好きである。毎日テレビで見ている。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。
親分の腹芸か、政党の内紛のようなもの。
今回の事件はわが国の国民性を色濃くにじませている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逃げ逃げ家康天下を取る | トップページ | 峠の釜めし物語 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31