無料ブログはココログ

« 明日は明日の風が吹く | トップページ | 世界の発明王 »

2012年3月26日 (月)

戦国忍者列伝「走りの一平」

   豊臣秀吉に仕えた忍者に「走りの一平」という者がいた。近江国醒ヶ井の透破でその名の通り俊足であった。一説によると甲斐の武田信玄に仕え謙信の動向を伝えた韋駄天ともいわれる。

「美濃より召し抱えた透破の名誉の者、変化の六平、龍馬の小八ともうす者御直参の透破に召し出されるべく候。さりながら拙者梅津在城の間はお預け下さるベく候、高坂弾正様に申せし候」(見聞雑録)とある。

« 明日は明日の風が吹く | トップページ | 世界の発明王 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日は明日の風が吹く | トップページ | 世界の発明王 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30